*

水素水と濃度の関係性

水素水を効果的に使用するためには、濃度についても考える必要があります。水の中に含まれている水素の量を確認するためには、水の量にどのぐらいの水素が入っているかを考える必要があるからです。なので水素水を選ぶ場合には、全体的な水の量で選ぶのではなく、含まれている水素の量を確認することが大切になります。

水素水が効果を発揮するのは、水の量ではなく、水に含まれている水素の量です。水素は強い抗酸化物質であり、また狭い所にも入り込みやすいので、人間の体の隅々まで抗酸化作用を発揮してくれます。

水素のおかげで抗酸化作用を発揮し、様々な働きをしてくれるために、選び取る場合には出来る限り水素の量が多いものを選ぶことが重要です。そのために確認すべきことは、水素水の濃度なのです。

水素の量が多ければ多いほど、体内に水素を取り入れることができます。同じ量の水素水であっても、含まれている水素の量に差があれば、効果に差が生まれてしまうことになるのです。できる限り少ない量の水で、多くの水素を摂取することが、飲む水の量も少なくすることができ、身体的な負担も軽減されることになります。

水素の濃度が1%と2%の水があるとします。わずか1%の違いしかありませんが、含まれている水素の量は二倍も違います。2%の水の効果を得るためには、1%の水を二倍も飲まなければなりません。数字的にはわずかな違いであるけれども、大きな違いが生まれてしまうため、単純に水素水の量だけで選んではいけないのです。

ですから水素水7.0PPMの効果はかなり期待できる可能性があると言えそうです。



コメントする