*

2015年11月

国民健康保険を踏み倒している人がいると聞きます。

国民健康保険を踏み倒している人がいると聞きます。

国民健康保険を払わないとどのようなことがおきるのでしょうか。

 

 

国民健康保険保険料を滞納すると、一般的には次のようになります。

1年以上滞納を続けていると、まず保険証の代わりに「被保険者資格証明書」が交付されることになります。 1年6か月以上滞納を続けていると、国民健康保険の給付の全部または一部が差し止められます。 

さらに滞納が続くと、国民健康保険の給付(医療費、高額医療費、出産育児一時金など)の全部または一部が滞納している保険料に当てられます。 

そのほかに、財産の差し押さえなどの滞納処分が行われる場合があります。 

又、収入が無い場合は、市区町村によっては今後の保険料の減額の制度がありますが、過去の分については減額されません。

 

年金の新規適用届けはこちらで。

 

 

いずれにしても、そのままにしておくと、状況は悪化するだけです。

市区町村の窓口で実情を説明し、分割払いと今後の保険料分割払いと今後の保険料の減額について相談しましょう。